ファイナンスは、これからの時代において非常に良く切れる刀のようなものなのです。

実際の実務において(使える)ファイナンスの技術を熟知しているビジネスマンは少なくファイナンスをビジネスで使いこなせる人材が圧倒的に不足しているのが現状です。その背景には急速に進化

してきたファイナンスに、経験や実務が追い付いていないという現状があるからなのです。

ファイナンスの本質を掴むことで、皆さんが携わっている仕事の一部に、ファイナンス技術が備わるならばどのようなシナジー効果が生まれるでしょうか?

私自身が実務を通して学び、経験と実績や失敗と成功で理解し、身につけてきた考え経験をセミナーでお話しできればと思います。

株式会社ジャパンアスリートグループ 安岡和友

自分流ファイナンス観 【最前線ファンナンス思考法】 主にその『考え方』の部分にスポットライトを当てます。 ビジネスパーソンや投資家の中にファイナンスを学びたい人が 増えているのも、事業として考え成功する近道と感じているからではないでしょうか? その考え方を事業に活かしてはじめて、ファイナンスの意義が出てくるのでは!!

0コメント

  • 1000 / 1000